分析論前書』(ぶんせきろんぜんしょ、: Αναλυτικων πρότερων: Analytica Priora, : Prior Analytics)とは、アリストテレスの著作であり、『オルガノン』の中の一冊。

文字通り、「分析推論」としての「論証」(: αποδειξις、apodeiksis、アポデイクシス)、いわゆる「三段論法」(: συλλογισμός, syllogismos、シュロギスモス[1])のあり方について述べられている。

構成編集

概要編集

 
Commentaria in Analytica priora Aristotelis, 1549

全2巻から成る。

  • 第1巻 - 全46章。
    • 【1. 推論式の構造】(1章-22章)
      • 【1. 序説】(1章-3章)
      • 【2. 推論の三格】(4章-22章)
      • 【3. 付説】(23章-26章)
    • 【2. 推論作成(「中項」発見)の方法】(27章-31章)
    • 【3. 推論格型式への分析法】(32章-46章)
  • 第2巻 - 全27章。
    • 【1. 推論の変種】(1章-15章)
    • 【2. 誤謬論その他】(16章-22章)
    • 【3. 推論類似の方法】(23章-27章)


詳細編集

第1巻編集

  • 【1. 推論式の構造】
    • 【1. 序説】
      • 第1章 - 『分析論』の主題は「論証」である。「前提」「」「推論」の意義。「完全な推論」と「不完全な推論」。「全体の内においてあること」と「全てについて述語されること」。
      • 第2章 - 「前提」(命題)の三様相。「単純様相前提」の換位。
      • 第3章 - 「必然様相前提」「許容様相前提」の換位。
    • 【2. 推論の三格】
      • 第4章 - 「単純様相推論」第一格。
      • 第5章 - 「単純様相推論」第二格。
      • 第6章 - 「単純様相推論」第三格。
      • 第7章 - 諸格に共通な諸性格。
        • 1. 大・小両項の交換による特殊な推論の成立。
        • 2. 全不完全推論の第一格への還元。
        • 3. 全推論の第一格全称推論への還元。
      • 第8章 - 両前提「必然様相」の推論。
      • 第9章 - 両前提の一方が「必然様相」、他方が「単純様相」の推論第一格。
      • 第10章 - 両前提の一方が「必然様相」、他方が「単純様相」の推論第二格。
      • 第11章 - 両前提の一方が「必然様相」、他方が「単純様相」の推論第三格。
      • 第12章 - 「必然様相」または「単純様相」の結論に必要な前提の様相。
      • 第13章 - 「許容様相推論」序説。
        • 1. 厳密な意味での「許容様相」と相補換位。
        • 2. その展開の二側面。
        • 3.「許容様相推論」の両前提。
      • 第14章 - 両前提「許容様相」の推論第一格。
      • 第15章 - 両前提の一方が「許容様相」、他方が「単純様相」の推論第一格。
      • 第16章 - 両前提の一方が「許容様相」、他方が「必然様相」の推論第一格。
      • 第17章 -
        • 1.「許容様相推論」第二格序説。
        • 2.「許容様相」全称否定前提の単純換位不可能。
        • 3. 両前提「許容様相」の推論第二格。
      • 第18章 - 両前提の一方が「許容様相」、他方が「単純様相」の推論第二格。
      • 第19章 - 両前提の一方が「許容様相」、他方が「必然様相」の推論第二格。
      • 第20章 -
        • 1.「許容様相推論」第三格序説。
        • 2. 両前提「許容様相」の推論第三格。
      • 第21章 - 両前提の一方が「許容様相」、他方が「単純様相」の推論第三格。
      • 第22章 - 両前提の一方が「許容様相」、他方が「必然様相」の推論第三格。
    • 【3. 付説】
      • 第23章 - 全推論は三つの格のいずれかにおいて成立し、かつ全て「第一格全称推論」へ還元される。
      • 第24章 - 前提の「量」(特に全称の重要性)と「質」(様相などを含めて)。
      • 第25章 - 推論における「項」「前提」「結論」の数。
      • 第26章 - 各「格式」によって証明・反証される命題の種類 (命題の種類別による証明・反証の難易)。
  • 【2. 推論作成(「中項」発見)の方法】
    • 第27章 - 「中項」発見のための原則。
      • 1. 主述連関による存在の三領域。
      • 2. 前提として、すなわち「中項」として選出されるべき事項の分割。
      • 3. 前提の全称の重要性。
      • 4. 述語または主語として選出されるべきでない事項。
      • 5.「たいていは」という様相における選出。
      • 6. 超越述語は「中項」となりにくい。
    • 第28章 - 「中項」選出各論。
      • 1. 問題分析各論。
      • 2. 同上再論。
      • 3. 第一にして最も一般普遍な「中項」。
      • 4.「中項」選出による推論諸格の成立。
      • 5. 超越述語は「中項」と成り得ない。
      • 6. 推論不成立に至る「中項」模索の方式。
      • 7. 反対または不両立に基づく「中項」選出。
    • 第29章 - 「中項」選出余論。
      • 1. 帰謬法における「中項」選出。
      • 2. 帰謬法以外の仮定法推論における「中項」選出。
      • 3. 仮定付加による特称推論の全称化。
      • 4. 様相推論における「中項」選出。
      • 5. 総括。
    • 第30章 - 個別学における「中項」ないし「推論」の諸原理選出。「経験」と「論証」。
    • 第31章 - 「分割法」への批判。
  • 【3. 推論格型式への分析法】
    • 第32章 - 既成の推論風議論からの「両前提」「中項」の析出と各格への還元。
    • 第33章 - 諸項の連関方式の類似による錯誤。
    • 第34章 - 項抽出にまつわる誤謬。
    • 第35章 - 一語によって表現されない項に基づく錯誤。
    • 第36章 - 項の主郭・斜格による「~である」の多義性。
    • 第37章 - 述語類型をめぐる「~である」及び「真とされる」の多様性。
    • 第38章 - 増複項を持つ推論の分析。そのための「中項」析出。
    • 第39章 - 語と説明方式の代置。
    • 第40章 - 大項の限定・不限定。
    • 第41章 -
      • 1.「Aが~であるものの全てにBが~である」と「Aがその全てに~であるものの全てにBが~である」の差異。
      • 2. 諸項の「抽出挙示」は解説のために過ぎない。
    • 第42章 - 「複合推論」の分析。
    • 第43章 - 定義を目指す推論は定義項の内の問題点を項とせよ。
    • 第44章 -
      • 1. 仮定からの諸推論一般の還元不可能性。
      • 2. 帰謬法推論の還元不可能性。
      • 3. その他の仮定からの諸推論も還元不可能。
    • 第45章 - 諸格相互への還元分析。
    • 第46章 - 否定をめぐる諸考察。
      • 1.「これではない」と「これではないものである」。
      • 2.「これである」「これでない」「これではないものである」「これでないものではない」の相互連関。
      • 3. 欠如態も「これではないものである」と同様。
      • 4. 部分否定。
      • 5.「これではない」と「これではないものである」の証明方式。
      • 6.「強選言命題」二組の連関方式。
      • 7.「矛盾」をめぐる錯誤。

第2巻編集

  • 【1. 推論の変種】
    • 第1章 - 同一前提からの多結論。
    • 第2章 - 偽前提からの真結論(偽装推論)第一格。
    • 第3章 - 偽前提からの真結論(偽装推論)第二格。
    • 第4章 - 偽前提からの真結論(偽装推論)第三格。
    • 第5章 - 第一格推論の循環証明。
    • 第6章 - 第二格推論の循環証明。
    • 第7章 - 第三格推論の循環証明。
    • 第8章 - 第一格推論の変換。
    • 第9章 - 第二格推論の変換。
    • 第10章 - 第三格推論の変換。
    • 第11章 - 帰謬推論第一格。
    • 第12章 - 帰謬推論第二格。
    • 第13章 - 帰謬推論第三格。
    • 第14章 - 帰謬法と直截証示法との連関。
    • 第15章 - 矛盾対立する両前提からの推論。
  • 【2. 誤謬論その他】
    • 第16章 - 「論点先取」の誤謬。
    • 第17章 - 偽結論の原因の認定とその誤謬。
    • 第18章 - 偽結論の原因の所在。
    • 第19章 - 「論争法」1 - 防衛と攻撃の手法。
    • 第20章 - 「論争法」2 - 論駁。
    • 第21章 - 錯誤と知識の共存。
    • 第22章 -
      • 1. 項転換を含む諸項連関の問題。
      • 2. 望ましいことと望ましくないことの比較量刑。
  • 【3. 推論類似の方法】

内容編集

訳書編集

脚注・出典編集

  1. ^ 原義は「推論術」といった程度の意味。

関連項目編集