本来の表記は「劉瑴」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

劉瑴(りゅう かく、生没年不詳)は、南朝梁官僚は仲宝。本貫沛国相県

経歴編集

東晋の丹陽尹の劉惔の七世孫にあたる。若くして品行方正で才能と度量があった。国子礼生から射策で高い成績をおさめ、寧海県令となった。しばらくして湘東王蕭繹の下で記室参軍となり、さらに中記室に転じた。549年太清3年)、侯景建康を陥落させ、蕭繹が江陵で承制すると、蕭繹の檄文の多くは劉瑴の手によって書かれるようになった。劉瑴は蕭繹(元帝)の政権下で尚書左丞や御史中丞を歴任した。553年承聖2年)、吏部尚書・国子祭酒に転じた。

554年(承聖3年)、西魏の攻撃により江陵が陥落すると、劉瑴は連行されて長安に入った。劉瑴の晩年については知られていない。

伝記資料編集