メインメニューを開く
本来の表記は「劉勰」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

劉勰(りゅう きょう、生没年不詳)は、南朝斉からにかけての官僚文人。『文心雕龍』の著者として知られる。は彦和。本貫東莞郡莒県前漢の斉悼恵王劉肥の末裔にあたる。

経歴編集

越騎校尉の劉尚の子として生まれた。早くに父を失い、志に篤く学問を好んだ。家が貧しく妻を迎えることができず、沙門の僧祐を頼って、十数年のあいだ居候した。経論に広く通じ、分類して序文をつけた。定林寺の経藏は、劉勰の定めたものであった。『文心雕龍』50篇を編纂し、古今の文体を論じた。

梁の天監初年、奉朝請を初任とし、臨川王蕭宏に召し出されて中軍記室を兼ね、車騎倉曹参軍に転じた。太末県令として出向し、清廉な統治で知られた。南康王蕭績の下で仁威記室となり、東宮通事舎人を兼ねた。舎人を兼ねたまま歩兵校尉に転じた。昭明太子は文学を好んでおり、劉勰の文才を愛して礼遇した。

劉勰は仏教に帰依し、たびたび建康の寺塔や名僧の碑誌の文章を作った。武帝の命により慧震とともに定林寺で経証を編纂し、完成すると出家の許可を武帝に求めた。先だって髭と髪を焼いて覚悟を示しておいたため、武帝も出家を許した。劉勰は寺で得度し、慧地と改名した。1年経たないうちに死去した。

伝記資料編集