劉衛流(りゅうえいりゅう)は、空手古武道の流派のひとつ[1]

概要編集

仲井間憲里中国に渡り、劉龍公に師事。始祖・劉龍公の「劉」と仲井間憲里の唐手名である衛克達の「衛」を取り、「劉衛流」としたとされる。始祖・劉龍公を初代とし、2代憲里、3代憲忠、4代憲孝、5代憲児と続く。一子相伝を貫いた劉衛流だが、佐久本嗣男が4代憲孝に師事し、門戸が開かれた。

歴史編集

この空手のスタイルは、1875年頃に仲井間によって沖縄に初めてもたらされた[2]。 沖縄県久米の裕福な家庭から生まれた中馬は 、19歳で武道の高度な研究のために中国 福州に赴く。

中国では、琉球列島中国大使館の元警備員が、仲井間に中国武術教師であったを紹介。 [要出典] 仲井間は受け入れられ、7年間訓練を受け、数年後、東恩納寛陵らとマスターから卒業証書を授与。彼は、戦闘技術から漢方薬、ハーブ治療法まで、さまざまな芸術とスキルの訓練を受けている。仲井間は中国を離れる前に福建省 広東 北京地域にも赴き、武道の経験をさらに深めるために、武器や巻物を集めた。

参考文献編集

  1. ^ Ryuei-ryu at wonder-okinawa.jp”. Okinawa Prefectural Government (2003年). 2007年5月10日閲覧。
  2. ^ History of Okinawa Ryuei Ryu”. Okinawa Ryuei Ryu Karate Kobudo Kai. 2007年5月10日閲覧。

外部リンク編集