メインメニューを開く

加賀 淳子(かが あつこ、1920年3月2日-?)は、日本作家東京都生まれ。本名・吉村美名子。高等女学校卒。佐藤春夫に師事し、時代歴史小説を書いた。

著書編集

  • 足軽女房・蔭武者 新潮社 1955 (小説文庫)
  • 無官の忍者 1956 (河出新書)
  • 女心乱麻 大日本雄弁会講談社 1956 (ロマン・ブックス)
  • 小説の材料袋 再建社 1957
  • 野伏千人町を行く 新潮社 1958
  • 皇女悲歌 五月書房 1959
  • 歴史の謎 五月書房 1959
  • 有情無情 桃源社 1959
  • 脱島記 新創社 1959
  • 白いたそがれ 桃源社 1959
  • 臆病天下一 桃源社 1959
  • 海賊大名 桃源社 1960
  • 南朝・北朝 河出書房新社 1960 (現代人の日本史
  • 火炎に生きる 新潮社 1962