メインメニューを開く

勇者の日(ゆうしゃのひ)とは、第二次世界大戦中の4月9日のバターン半島陥落とその戦死者を記念するために制定されたフィリピンの公休日である。2009年は当該日が聖木曜日と同日であったため、4月6日に移された[1][2]

勇者の日

正式には Araw ng Kagitingan (バターンとコレヒドールの日)

またはバターンの日
日付 4月9日
テンプレートを表示

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宣言第295号:2012年の国民の祝日の宣言 、2011年12月12日、フィリピンの官報
  2. ^ DOLE reminds employers on pay guidelines for Holy Week holidays”. [GMA News and Public Affairs] (2009年4月4日). 2009年4月4日閲覧。

外部リンク編集