北堂書鈔』(ほくどうしょしょう)は、中国隋代末期の大業年間(605年-618年)に虞世南の編により成立した類書である。全160巻。

概要編集

中国において、類書はの『皇覧』(3世紀)以来、皇帝による国家事業として作成され、公文書を作成する際の参考書として利用された。

本書(7世紀初)は完本が残る類書としては、中国最古であり、『芸文類聚』・『初学記』・『白氏六帖』とともに「四大類書」と称される。[誰によって?]

内容編集

『北堂書鈔』は帝王部、后妃部、政術部、刑法部、封爵部、設官部、礼儀部、芸文部、楽部、武功部、衣冠部、儀飾部、服飾部、舟部、車部、酒食部、天部、歳時部、地部の19部に分かれる。項目ごとに諸書から語句を引用している。

外部リンク編集