北条益時

鎌倉時代後期の武士

北条 益時(ほうじょう ますとき)は、鎌倉時代末期の北条氏(赤橋流)の一族・武将

 
北条益時 / 赤橋益時
時代 鎌倉時代末期
生誕 不詳
死没 正慶2年/元弘3年5月18日1333年6月30日
別名 赤橋益時
幕府 鎌倉幕府
氏族 北条氏赤橋流
父母 父:北条守時、母:不詳
兄弟 益時、妹
テンプレートを表示

略歴編集

第16代執権・北条守時の子とされているが、一説に守時の弟の宗時の子ともされる[1]足利尊氏の義理の甥に当たる。

正慶2年/元弘3年(1333年)5月18日、新田義貞鎌倉攻めの際に守時と共に敗北、自害した[1]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 北条氏研究会、2001年、p.331

参考文献編集

  • 北条氏研究会『北条氏系譜人名辞典』新人物往来社 2001年

外部リンク編集