千歳清掃工場

千歳清掃工場(ちとせせいそうこうじょう)は、東京都世田谷区八幡山2-7-1にある東京二十三区清掃一部事務組合運営の清掃工場

概要編集

初代は塵芥焼却場として昭和16年に着工したが、太平洋戦争による工事中断が10年間あり、昭和30年8月に完成した。23区内では戦後初の清掃工場であった。 2代目は、昭和42年10月に着工し、昭和46年3月に完成した。円筒の高さは100mであった。 現在の3代目の工場は1996年(平成8年)3月に竣工した工場である。 600トン/日の焼却能力を持つ。隣接する千歳温水プールに給熱配給している。

外部リンク編集

  • 千歳清掃工場 東京二十三区清掃一部事務組合ウェブサイト、2012年10月28日閲覧。

座標: 北緯35度39分35.3秒 東経139度36分58.9秒