メインメニューを開く

千歳神社千歲神社(ちとせじんじゃ)は、北海道千歳市真町1番地にある神社。創祀は享和3年(1803年)である。旧社格郷社

千歳神社
千歳神社
所在地 北海道千歳市真町1番地
位置 北緯42度49分5.43秒
東経141度38分31.52秒
主祭神 豊宇気比売大神
伊智伎志摩比売大神
社格 郷社
創建 享和3年(1803年)
本殿の様式 神明造
例祭 9月2日
テンプレートを表示

由緒編集

万治元年(1658年)に弁天堂(のちの釜加神社)が建立され、享和3年(1803年)には、箱館奉行の役人である高橋治太夫により、思古津稲荷大明神(千歳神社の前身)が建立される。 明治8年(1875年)には郷社となる。 大正6年(1917年)には社名を稲荷神社から千歳神社と改める。 その後、昭和50年(1975年)には本殿を新築し、平成5年(1993年)には社務所を新築する [1][2]

祭神編集

末社編集

  • 釜加神社(弁天堂の後身で、千歳神社の末社)

交通編集

近隣の施設編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『千歳を知る』十周年記念誌編集委員会、千歳を知る会、1988年3月15日、152 – 153。
  2. ^ 『新千歳市史 通史編』上、千歳市史編さん委員会、千歳市、北海道千歳市東雲町2丁目、2010年3月19日、121, 642, 645 – 647頁。

関連項目編集

外部リンク編集