ジェームズ・モリアーティシリーズ

千里眼を持つ男から転送)

ジェームズ・モリアーティシリーズは、シャーロック・ホームズシリーズの登場人物であるジェームズ・モリアーティを主人公としたマイケル・クーランドによる小説のシリーズ。

シリーズ一覧編集

  • Years Ago and in a Different Place
    2003年。短編。ジェームズ・モリアーティの一人称による作品。
  • The Paradol ParadoX
    2001年。短編。ベンジャミン・バーネットの一人称による作品。
  • The Great game / 千里眼を持つ男
    2001年刊行。日本では、2004年に刊行。
  • Death by Gaslight
    1982年刊行。
  • The Infernal Device
    1979年刊行。

登場人物一覧編集

ジェームズ・モリアーティ
主人公。最高の知識を持つとされる科学者。
シャーロック・ホームズ
私立探偵。モリアーティを凶悪な人物と考えている。モリアーティと並ぶ頭脳の持ち主。
ジョン・H・ワトスン
ホームズの助手。医師。
ディートリッヒ・ルーマー
『Death by Gaslight』と『The Great game』に登場。自由連盟のリーダー。
ベンジャミン・バーネット
モリアーティの助手。ニュース社の経営者。モリアーティに対して尊敬の念を抱いている。
セシリー・バーネット
ベンジャミンの妻。
ジム・バーネット
『The Paradol Paradox』に登場。ベンジャミンの従兄弟を名乗る人物。ベンジャミンもその存在を知らなかった。