協奏曲第3番 嬰ハ短調 作品55(きょうそうきょくだい3ばん えいはたんちょう さくひん55、: Konzert Nr. 3 für Pianoforte und Orchester cis-Moll op. 55: Concerto No. 3 in C-sharp minor, Op. 55)は、ドイツの作曲家フェルディナント・リースによって1812年に作曲されたピアノと管弦楽のための協奏曲。

リースのピアノ協奏曲の番号 編集

リースのピアノ協奏曲は、6番、4番、2番、3番、5番、6番、7番、8番の順に作曲されている。また、リースの協奏曲は協奏曲をひとくくりにして番号付けされており、第1番はヴァイオリン協奏曲である。

演奏時間 編集

約30分。

楽曲の構成 編集

第1楽章:Allegro maestoso
第2楽章:Larghetto
第3楽章:Rondo. Allegretto
第2楽章と第3楽章は途切れなく演奏される。

外部リンク 編集