メインメニューを開く

協弁大学士(きょうべんだいがくし、満州語ᠠᠰᡞᠯᠠᠮᠡ
ᡞᠴᡞᡥᡞᠶᠠᠷᠠ
ᠠᠯᡞᡥᠠ
ᠪᡞᠳᡥᡝᡞ ᡩᠠ
、転写:aisilame icihiyara aliha bithei da)は中国清代官職のひとつ。従一品に相当する。

順治16年(1659年)、清朝は文館と内三院(bithe i ilan yamun、内国史院・内秘書院・内弘文院)を統一し、名を内閣(dorgi yamun)と改めると、その内閣に大学士及び協弁大学士を設けた。協弁大学士には満州族漢族それぞれ2名が充てられた(満漢偶数官制)。1730年代乾隆帝期に、協弁大学士は三殿三閣大学士体仁閣大学士 gosin be dursulere asari i aliha bithei da、保和殿大学士 enteheme hūuwaliyambure diyan i aliha bithei da、文華殿大学士 šu eldengge diyan i aliha bithei da、武英殿大学士 horonggo yangsangga deyen i aliha bithei da、文淵閣大学士 šu tunggu asari i aliha bithei da、東閣大学士 dergi asari i aliha bithei da)となる。