メインメニューを開く

南岳寺(なんがくじ)は、山形県鶴岡市内にある真言宗智山派の寺院。鉄龍海上人即身仏(ミイラ仏)があることで有名。鶴岡駅から南岳寺前下車徒歩5分。

南岳寺なんがくじ
所在地 山形県鶴岡市砂田町3-6
位置 北緯38度44分1.7秒東経139度48分22.8秒座標: 北緯38度44分1.7秒 東経139度48分22.8秒
山号 修行山
宗派 真言宗智山派
札所等 庄内三十三観音霊場第29番札所
法人番号 2390005004740
テンプレートを表示

鉄龍海上人編集

鉄龍海(てつりゅうかい、1820年(文政3年) - 1881年(明治14年)10月28日)は、日本、即身仏。

略歴編集

  • 1820年(文政3年) - 出羽国仙北郡堀見内村(現・大仙市)進藤某の子として生まれる。
  • 1836年(天保7年) - この頃、喧嘩で友人を殺してしまう。
  • 各地を放浪し鶴岡に辿り着き、自殺しようとしている所を、出羽国東田川郡鶴岡(現・鶴岡市)の南岳寺住職・天竜海に救われる。
  • 天竜海の門弟となる。
  • 陸奥国岩手郡(現・盛岡市)の連正寺に預けられる。
  • 1848年(嘉永元年) - 連正寺が火災にあったため、再建のために尽力する。
  • 同寺院の再建の目処が立たないため南岳寺に戻る。
  • 1859年(安政6年) - この頃より木食行を始めたと言われる。
  • 信者らの協力で寺院再建の資金が集まり連正寺を再建する。
  • 天竜海の後を継いで南岳寺の住職となる。
  • 天竜海の師の鉄門海が開いた加茂坂峠を、地雷花(ダイナマイト)を使って改修工事を行う。
  • 1871年(明治4年) - 同改修工事が完成する。
  • 1881年(明治14年)10月28日 - 病没。ただし、1878年(明治11年)説もある。
  • ミイラは鉄龍海上人の埋葬後、土中入定により脳・内臓を摘出して石灰をつめて作られた。1868年(明治元年)に出された墳墓発掘禁止令により墓地の発掘が禁じられたため、鉄龍海上人の没年は1868年と偽られ、さらに時効となる大正年間までミイラの存在は秘密とされていた。

鶴岡市内の他の即身仏編集

注連寺 
鉄門海上人の即身仏を安置
大日坊 
真如海上人の即身仏を安置

外部リンク編集