保険会計において危険準備金(きけんじゅんびきん)とは、将来発生が見込まれるリスクに備え、責任準備金の1項目として積み立てるものである。

危険準備金の分類編集

危険準備金は、対応するリスクに応じて、以下の4つが存在する。

  • 危険準備金Ⅰ:保険リスクに備えるもの
  • 危険準備金Ⅱ:予定利率リスクに備えるもの
  • 危険準備金Ⅲ:最低保証リスクに備えるもの
  • 危険準備金Ⅳ:第三分野の保険リスクに備えるもの

積立・取崩編集

危険準備金の積立・取崩については、平成10年大蔵省告示第231号に定められている。

関連項目編集

参考文献編集