厳 羽(げん う、生没年不詳)は、中国南宋詩人は儀卿、または丹丘。滄浪逋客とする。

生涯と詩論編集

邵武軍邵武県の出身。早くから学問に志し、隣の光沢県で教授していた包恢の門下となる。同郷の厳仁厳参とともに詩賦をもって知られ「邵武三厳」と称せられる[1]が、今は厳羽の詩集『滄浪集』だけが残っている。南宋が滅亡した後は隠居してどこにも出仕せず、各地を放浪したという。厳羽のことは『宋史』には記載がなく、『福建通志』にはある。

詩論として『滄浪詩話』1巻があり、詩の評論として重んぜられる。全体は詩弁・詩体・詩法・詩評・詩證の五門に分かれ、から盛唐の時代に至るまでの詩、中唐の詩、晩唐の詩と三分し、盛唐の詩を最も高く評価した[2]。末尾には呉景僊の『論詩書』の梗概を記している。

訳注編集

  • 『滄浪詩話』、市野沢寅雄、明徳出版社「中国古典新書」、1976年

脚注編集

  1. ^ 池内宏、他監修 『縮刷版 東洋歴史大辞典・下巻』臨川書店、1992年、P.466頁。 
  2. ^ 池内宏、他監修 『縮刷版 東洋歴史大辞典・下巻』臨川書店、1992年、P.467頁。