メインメニューを開く

友枝 啓泰(ともえだ ひろやす、1935年 - 2009年8月27日[1]は、日本文化人類学者国立民族学博物館名誉教授[2]広島市立大学名誉教授。

東京都立新宿高等学校を経て、東京大学教養学部卒業。埼玉大学助教授、国立民族学博物館助教授、同教授、広島市立大学教授を歴任。主にアンデス社会・文化を中心に研究活動を行った。

目次

主な著作編集

単著編集

  • 『雄牛とコンドル―アンデス社会の儀礼と民話』(岩波書店

共著編集

  • 『世界の聖域18 神々のアンデス』(増田義郎との共著・講談社
  • 『アンデスの記録者ワマン・ポワ―インディオが描いた「真実」』(染田秀藤共著・平凡社

編著編集

  • 『民族探検の旅第8集 南アメリカ』(学研

共編著編集

脚注編集