化学における収束的合成(しゅうそくてきごうせい、: convergent synthesis)は、多段階化学合成、ほとんどの場合有機合成の効率を改善することを目的とした戦略である。直線的合成では、総収率は各反応段階ですぐに低下する。

 A → B → C → D

各反応の収率が50%と仮定すると、AからDの総収率はわずか12.5%である。

収束的合成では、

 A → B (50%)

 C → D (50%)

 B + D → E (25%)

Eの総収率は (25%) は改善しているように見える。収束的合成は複雑な分子の合成に応用されており(全合成を参照)、フラグメントカップリング独立的合成を含んでいる。

例:

Final step in total synthesis of Biyouyanagin A with acetonaphthone photosensitizer

脚注編集

  1. ^ Michael Pittelkow, Jrn B. Christensen (2005). “Convergent Synthesis of Internally Branched PAMAM Dendrimers”. Org. Lett. 7 (7): 1295-1298. doi:10.1021/ol050040d. PMID 15787490. 
  2. ^ K. C. Nicolaou, David Sarlah, and David M. Shaw (2007). “Total Synthesis and Revised Structure of Biyouyanagin A”. Angew. Chem. Int. Ed. 46: 4708–4711. doi:10.1002/anie.200701552. 

関連項目編集