古今亭圓菊

落語の名跡、落語協会所属の日本の落語家

古今亭 圓菊ここんてい えんぎく は、落語名跡


二代目 古今亭ここんてい 圓菊えんぎく
二代目 .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}古今亭(ここんてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}圓菊(えんぎく)
古今亭圓菊定紋「裏梅」
本名 藤原ふじわら しゅく
生年月日 1928年4月29日
没年月日 (2012-10-13) 2012年10月13日(84歳没)
出身地 日本の旗 日本静岡県志太郡伊久身村(現:島田市
死没地 日本の旗 日本東京都
師匠 五代目古今亭志ん生
弟子 古今亭菊龍
古今亭志ん弥
古今亭菊丸
古今亭菊春
古今亭菊千代
古今亭菊寿
古今亭菊輔
古今亭駿菊
古今亭菊生
古今亭菊之丞
古今亭菊志ん
古今亭菊太楼
古今亭文菊
名跡 1. 古今亭生次
(1953年 - 1957年)
2. 六代目むかし家今松
(1957年 - 1966年)
3. 二代目古今亭圓菊
(1966年 - 2012年)
出囃子 武蔵名物
活動期間 1953年 - 2012年
活動内容 江戸落語
手話落語
配偶者 あり
家族 長男:古今亭菊生
主な作品
お若伊之助
唐茄子屋政談
備考
落語協会理事
(1979年 - 2010年)
落語協会相談役
(2010年 - 2012年)

二代目 古今亭 圓菊(ここんてい えんぎく、1928年4月29日 - 2012年10月13日)は、静岡県出身の落語家出囃子は『武蔵名物』。紋は『裏梅』。本名∶藤原 淑

経歴編集

静岡県志太郡伊久身村(現:島田市)に生まれる。静岡県立島田商業高等学校卒業。

1953年7月、十返舎亀造の紹介により五代目古今亭志ん生に入門。古今亭生次を名乗る。1957年3月に二ツ目昇進、六代目むかし家今松となる。1966年9月に真打昇進、二代目古今亭圓菊を襲名。

1979年落語協会理事に就任。1984年刑務所篤志面接委員に着任。1996年、刑務所篤志面接理事に就任。2010年に落語協会相談役に就任。

2012年10月13日9時、多臓器不全のため、東京都北区の病院で死去[2]。84歳没。戒名は「淑徳院圓菊日輪居士」。

弟子入り編集

  • 1973年∶古今亭菊次が入門。
  • 1974年∶古今亭菊弥が入門。
  • 1975年
    • 古今亭菊助が入門。
    • 古今亭菊松が入門。
  • 1976年∶古今亭菊八が入門、翌年楽屋入り。
  • 1978年
    • 菊次が二ツ目昇進、「古今亭菊龍」と改名。
    • 菊弥が二ツ目昇進。
  • 1979年∶古今亭菊坊が入門。
  • 1980年
    • 菊助が二ツ目昇進、「古今亭菊之助」と改名。
    • 菊松が二ツ目昇進。
  • 1981年∶菊八が二ツ目昇進、「古今亭菊枝」と改名。
  • 1983年∶菊坊が二ツ目昇進、「古今亭菊正」と改名。
  • 1984年∶古今亭菊乃が入門。
  • 1987年古今亭菊龍、菊弥改メ古今亭志ん弥が真打昇進。
  • 1988年
    • 菊乃、二ツ目昇進。
    • 古今亭菊ぼうが入門。
  • 1989年∶長男浩司が古今亭菊司として入門。
  • 1990年∶菊之助が真打昇進、「古今亭菊丸」と改名。
  • 1991年古今亭菊之丞が入門。
  • 1992年
    • 菊松が真打昇進、「古今亭菊春」と改名。
    • 菊ぼうが二ツ目昇進、「菊若」と改名。
    • 菊司が二ツ目昇進、「菊翔」と改名。
  • 1993年
  • 1994年
    • 菊之丞が二ツ目昇進。
    • 古今亭菊朗が入門。
  • 1995年
    • 菊正が真打昇進、「古今亭菊輔」と改名。
    • 古今亭菊一が入門。
  • 1998年∶菊朗が二ツ目昇進。
  • 1999年∶菊一が二ツ目昇進、「菊可」と改名。
  • 2001年∶菊若が真打昇進、「古今亭駿菊」と改名。
  • 2002年
    • 菊翔が真打昇進、「古今亭菊生」と改名。
    • 古今亭菊六が入門、翌年楽屋入り。
  • 2003年
    • 古今亭菊之丞が真打昇進。
    • 菊千代門下に古今亭ちよりんが入門。初の孫弟子となる。
  • 2006年∶菊六が二ツ目昇進。
  • 2007年
    • 菊朗が真打昇進、「古今亭菊志ん」と改名。
    • ちよりんが二ツ目昇進。
  • 2008年∶菊可が真打昇進、「古今亭菊太楼」と改名。
  • 2012年
    • 菊六が抜擢で真打昇進、「古今亭文菊」となる。
    • 圓菊死去。
  • 2015年∶駿菊、落語協会を退会。
  • 2017年
    • 菊之丞門下に古今亭まめ菊が入門、翌年楽屋入り。
    • 菊太楼門下に古今亭菊一が入門、翌々年楽屋入り。
  • 2018年∶ちよりんが真打昇進、「古今亭駒子」と改名。
  • 2021年∶菊生が「三代目古今亭圓菊」を襲名予定。

略歴編集

人物編集

長男は同じく落語家の古今亭菊生[3]

昭和を代表する落語家・五代目古今亭志ん生の弟子として、志ん生から多くのネタを継承。

体をよじるようなコミカルなしぐさと、「圓菊節」とも言われる口調で人気を集める。

前述のとおり、この名跡の初代は圓菊の師匠志ん生だった。しかし圓菊は「師匠は三遊亭で名乗ったから、俺が初代だ!」と周りにふれこんでいた。

手話落語を創案。刑務所篤志面接などのボランティア活動も続けていた。

三代目古今亭志ん朝亡き後は、古今亭一門の総帥であった。

出囃子が同じだった十代目桂文治とは犬猿の仲とされ、同席するとトラブルが多かったという[4]

主な受賞歴編集

著書編集

  • 『笑うが勝ち 相変わらず気楽なことを申し上げます』(1984年、展転社
  • 『どの花みてもきれいだな 円菊のボランティア一笑懸命』(1987年、中央法規出版
  • 『背中の志ん生 師匠と歩いた二十年』(2001年、うなぎ書房

CD・DVD編集

CD編集

  • えんぎく・ぎんざ・らいぶ 1 (2004年、テイチク
1.『妾馬』 2.『粗忽の釘
  • えんぎく・ぎんざ・らいぶ 2(2005年、テイチク)
1.『唐茄子屋政談』 2.『饅頭こわい
  • えんぎく・ぎんざ・らいぶ 3(2007年、テイチク)
1.『火焔太鼓』 2.『幾代餅
  • えんぎく・ぎんざ・らいぶ 4(2008年、テイチク)
1.『蒟蒻問答』 2.『目黒のさんま
1.『幾代餅』 2.『まんじゅうこわい』 3.『鮑のし
  • なごやか寄席」シリーズ 二代目 古今亭圓菊 2(2010年、ユニバーサルインターナショナル)
1.『黄金餅』 2.『錦の袈裟
  • なごやか寄席」シリーズ 二代目 古今亭圓菊 3(2011年、ユニバーサルインターナショナル)
1.『井戸の茶碗』 2.『明烏
DISC-1: 1.『唐茄子屋政談』 2.『たらちね
DISC-2: 1.『お若伊之助』 2.『錦の袈裟
DISC-3: 1.『小言幸兵衛』 2.『明烏』
DISC-4: 1.『風呂敷』 2.『子別れ
DISC-5: 1.『幾代餅』 2.『火焔太鼓』
BOX特典盤: 1.『鮑のし』 2.古今亭圓菊一門ご紹介

DVD編集

1.春風亭小柳枝八五郎出世』 2.古今亭圓菊『富久』 3.入船亭扇橋文七元結』 4.三遊亭圓窓帯久
1.『井戸の茶碗』 2.『唐茄子屋政談』

一門弟子編集

落語家編集

色物編集

系図編集

二代目古今亭圓菊
 
古今亭菊龍
 
 
 
 
 
 
 
古今亭志ん弥
 
 
 
 
 
 
古今亭菊丸
 
 
 
 
 
 
古今亭菊春
 
 
 
 
 
 
古今亭菊千代
 
古今亭駒子
 
 
 
 
 
 
 
古今亭菊寿
 
 
 
 
 
 
古今亭菊輔
 
 
 
 
 
 
古今亭駿菊[5]
 
 
 
 
 
 
古今亭菊生
 
 
 
 
 
 
古今亭菊之丞
 
古今亭まめ菊
 
 
 
 
 
 
 
古今亭菊志ん
 
 
 
 
 
 
古今亭菊太楼
 
古今亭菊一
 
 
 
 
 
 
 
古今亭文菊
 
 
 
 
 
 
ぺぺ桜井
 
 
 
 
 
 
マギー隆司
 

演じた俳優編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 古今亭菊生 2021年5月1日のツイート
  2. ^ 訃報:古今亭円菊さん84歳=落語家 毎日新聞 2012年10月13日閲覧
  3. ^ 【訃報】手話落語の圓菊さん死去”. テレビ朝日. 2021年5月1日閲覧。
  4. ^ そのことをよく目撃していた圓菊の実子で弟子の菊生と十代目文治の愛弟子十一代目文治は、それぞれの師匠から出囃子を受け継ぎ、二人とも「武蔵名物」を使っていた。その二人がホール落語で同席した際は、互いに出囃子を譲り合い、結局文治が「武蔵名物」を、菊生が自身が二ツ目の際まで使用していた「鉄道唱歌」を使用した。
  5. ^ 落語協会脱退、フリー。

外部リンク編集