古文観止』(こぶんかんし)は、呉乗権(字は子輿、号は楚材)と兄の子の呉大職(字は調侯)が作った散文選集。作成の目的は「蒙を正して養い後学に裨益する」ためだという。家塾の訓蒙読本として清以来最も流行った散文選集の1つ[要出典]

脚注編集

[脚注の使い方]