古谷 義幸(ふるや よしゆき、1947年昭和22年)7月8日[1] - )は、日本政治家神奈川県秦野市長(3期)、神奈川県議会議員(2期)、秦野市議会議員(4期)などを務めた。

古谷 義幸
ふるや よしゆき
生年月日 (1947-07-08) 1947年7月8日(75歳)
出生地 日本の旗 神奈川県秦野市
出身校 法政大学経済学部通信教育課程
所属政党 無所属
称号 旭日中綬章

当選回数 3回
在任期間 2006年1月31日 - 2018年1月30日

選挙区 秦野市選挙区
当選回数 2回
在任期間 1995年4月30日 - 2001年

Flag of Hadano, Kanagawa.svg 秦野市議会議員
当選回数 4回
在任期間 1975年 - 1991年
テンプレートを表示

概要編集

神奈川県秦野市生まれ。秦野市立本町中学校、神奈川県立秦野高等学校卒業。法政大学経済学部通信教育課程卒業後、23歳の時に総理府青年海外派遣団に参加し、インドネパールを視察。1975年秦野市議会議員選挙に出馬し、初当選を果たした。以後、4期16年にわたり秦野市議を務める。1988年、秦野市議会議長に就任[2]

1995年神奈川県議会議員選挙に出馬し、当選。県議を2期務め、新秦野赤十字病院の建設や小田急電鉄秦野駅へのロマンスカー停車等に尽力した。2001年12月、2期目の任期途中で県議を辞職。翌2002年1月の秦野市長選挙に出馬したが、現職の二宮忠夫秦野市長に敗れ、落選した[3]

2006年1月、再び秦野市長選挙に出馬し、自民党推薦の新人を破り初当選した[4]1月31日、市長就任[5]

2010年、再選。2014年、元市議の高橋徹夫ら2候補を破り3期目の当選。投票率は39.62%。

2018年の市長選では元市役所職員の高橋昌和に敗れ落選[6]

2020年、旭日中綬章受章[7]

脚注編集