可足渾 譚(かそくこん たん、生年不詳 - 397年)は、五胡十六国時代後燕の人物。遼東鮮卑族の出身。

生涯編集

383年12月、前秦の冠軍将軍慕容垂は3万の兵を率いてに向かった。可足渾譚は兵を集めるため、河内郡の沙城に留められた。

384年1月、2万余の兵を集め、野王を攻めてこれを攻略した。鄴へ向かい、攻囲中の慕容垂軍に合流した。

新平公に封じられた。

397年4月、開封公慕容詳皇帝を僭称、車騎大将軍尚書令に任じられた。

7月、慕容詳によって誅殺された。

参考文献編集