メインメニューを開く

史 渙(し かん、? - 209年)は、中国後漢時代末期の武将。公劉豫州沛国(現在の江蘇省沛県を中心とする地域)の人。子は史静。

史渙

列侯・中領軍
出生 生年不詳
豫州沛国
死去 建安14年(209年
拼音 Shi Huan
公劉
テンプレートを表示

人物編集

生涯編集

曹操が挙兵した以来から随行していた将である。若い頃は任侠の徒にして勇敢であり、忠義と武勇によって著名であった。当時は行中軍校尉の地位にあり、遠征時は常に諸将を監督し、曹操からの信頼も厚かった。

建安4年 (199年)には、袁紹と合流しようとしていた眭固曹仁楽進ら諸将と共に攻撃し、眭固を斬殺。その軍勢を手中に収めることに成功した。建安5年(200年)、官渡の戦いで、曹操は荀攸の計略を用いて、史渙と徐晃を派遣して韓猛の輸送隊を撃破し、数千輌の穀物輸送車を焼き払った。これにより袁紹軍は多くの兵糧を失ってしまった。

建安12年(207年)、曹操が柳城の袁尚らを討伐しようとした際、遠征して敵地に深く進入することは、万全の計画ではないと考え、同僚の韓浩に曹操を諌めようと相談を持ちかけた。しかし、韓浩から「我々2人は中軍の指揮官であるから、士気を削いではならない」と逆に諌められた。

史渙は中領軍まで出世し、列侯に封じられた。建安14年(209年)に死去し、子が後を継いだ。

演義での史渙編集

小説『三国志演義』では、倉亭の戦いで袁尚と一騎討ちの末、討ち取られる設定になっている。

参考文献編集

  • 三国志』魏書9付・韓浩史渙伝
  • 同魏書1武帝紀
  • 同魏書8張楊伝
  • 同魏書9曹仁伝
  • 同魏書10荀攸伝
  • 同魏書17于禁伝、徐晃伝