吉備内親王墓(きびないしんのうぼ)は、奈良県生駒郡平群町梨本にある吉備内親王の墓である。長屋王墓とともに、双墓となっている。

吉備内親王墓
所在地 奈良県生駒郡平群町梨本字前773番地
形状 円墳
規模 高さ約2m、直径約20m、面積約314㎡
被葬者 吉備内親王
史跡 明治34年、宮内庁より治定
テンプレートを表示

概要 編集

吉備内親王は、草壁皇子元明天皇の次女で、文武天皇元正天皇の妹、天武天皇持統天皇の孫になる。

長屋王正室として、平城京の邸宅で暮らしていたが、長屋王の変で子どもとともに自害した[1]

吉備内親王墓は、長屋王墓の北西約150mの住宅地に所在する塚で、高さ約2m、直径約20mと、長屋王墓より一回り大きい。

明治26年の調査では、「墳丘に埴輪の残欠多く、巨石が鉤の手に埋まっている。墳頂に埴輪が散布する」とあり、絵図にも3つの巨石が描かれている。

脚注 編集

  1. ^ 吉備内親王墓”. 2022年11月17日閲覧。