メインメニューを開く

吉凶(きっきょう)は、(きち)と(きょう)、つまり「よいこと、さいわい」と「わるいこと、わざわい」を合わせて呼ぶ言葉である。

占いの結果を、良い悪いの2種類で表すときに使う(例: 仏滅は万事に凶)。非常な吉と非常な凶を特に、大吉大凶と呼ぶ。おみくじでは「大」だけでなく「中」「小」「末」などもつけて種類を増やす。

おみくじの吉凶の順序編集

神社本庁公式の『神道いろは[1]には

大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶

の順で記載されている[2]。また、

大吉・吉・中吉・小吉・末吉・凶・大凶

の順によいともされる(大凶の追加を除き同じ)[3]

しかし、吉の位置は違うことがあり、いくつかの神社では吉を小吉と末吉の間とする。さらに種類を増やし

大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末小吉・凶・小凶・半凶・末凶・大凶

の順によいともされる[4]。吉の位置が下がり、半吉と末小吉が追加されている。また、小凶・半凶・末凶が凶の下(上ではない)に追加されている。

出典編集