メインメニューを開く
吉原正隆

吉原 正隆(よしはら まさたか、1881年明治14年)11月5日[1] - 1926年大正15年)6月24日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)、貴族院多額納税者議員

経歴編集

福岡県三潴郡大川町(現在の大川市)出身[3]1906年(明治39年)、京都帝国大学法科大学を卒業し、さらに大学院で植民政策学を専攻した[4]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第14回衆議院議員総選挙に至るまで4回連続当選を果たした。その間、野田卯太郎逓信大臣秘書官を務めた[4]

1925年(大正14年)には貴族院多額納税者議員に選出された。

脚注編集

  1. ^ 『人事興信録 第5版』
  2. ^ 『官報』第4152号、大正15年6月26日。
  3. ^ 『衆議院議員略歴』
  4. ^ a b 『人事興信録 第6版』

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。