メインメニューを開く

吉村石

1961年に発表された新鉱物

吉村石(よしむらせき、 Yoshimuraite)は、1961年に発表された新鉱物で、東京大学の鉱床学者渡辺武男などにより、岩手県の野田玉川マンガン鉱山から記載された[1]化学組成は、Ba2Mn2Ti(Si2O7)(PO4)O(OH)で、三斜晶系九州大学の鉱物学者、吉村豊文のマンガン鉱床研究の業績をたたえて命名された。

脚注編集

  1. ^ Watanabe, T., Takeuchi, Y. and Ito, J. (1961): The Manganese Minerals of the Noda-Tamagawa Mine, Iwate Prefecture, Japan. III. Yoshimuraite, a New Barium-Titanium-Manganese Silicate Mineral. Mineral. Jour., 3, 156-167.

関連項目編集

外部リンク編集