吉田 正は、日本の実業家エグゼクティブ・プロデューサー。グループ企業体『ビーチウォーカーズ』の創設者。

来歴編集

主に食、人、デザイン、エンタテイメントの分野に渡る。モノ創りを通じて、クリエイティブによって新しい価値を創造することを目標としており、クリエイターとの事業が多い。

食にも精通しており、世界に向けて日本食の素晴らしさを伝える活動等もしている。六本木にある鮨なかむらを描いたドキュメンタリー『握り』は世界から注目された作品の一つ。

また、映画の分野では、日台合作映画『一分間だけ』[1][2]、最優秀賞脚本賞受賞作品『最後の命』[3][4]などを製作[5]

日本とアジア、世界への架け渡しに積極的であり、シンガポールビエンナーレ2014[6]ではその功績が認められ、表彰を受ける。そのほか、舞台[7]、イベント[8]のプロデュースも行っている。

主な制作編集


脚注編集

外部リンク編集