吉良 持助(きら もちすけ)は、室町時代中期の武将後期東条吉良(下吉良)氏4代当主。三河国東条城主。

 
吉良持助
時代 室町時代中期
生誕 不明
死没 不明
戒名 功徳寺殿
主君 足利義政
氏族 後期東条吉良(下吉良)氏
父母 父:吉良持長
兄弟 持助頼高
義藤等康[1]端東[2]
テンプレートを表示

吉良持長の子として誕生。長禄2年(1458年)4月、足利政知古河公方足利成氏討伐のため、関東へ発向する際、持助も随行することになった。実際は随行することはなかったが、弟・頼高太田道灌と親交があったため、事前工作に持助の力を借りようとしたらしい。

同年12月2日、8代将軍足利義政に対し、古河公方討伐のための関東出陣について意見書を提出している。

応仁元年(1467年)からの応仁の乱では、子・義藤が活躍しているので、それ以前に没したと思われる。

脚注編集

  1. ^ 僧籍。
  2. ^ 僧籍。

出典編集

  • 『吉良町史 中世後期・近世』