同害報復(どうがいほうふく)は、「目には目を、歯には歯を」という語で表されるような、同一の加害によって報復を行う刑罰である。同害刑(どうがいけい)またはタリオ(羅:talio)とも。

具体例編集

ハンムラビ法典などの古代オリエントの法やイスラム法キサース)に典型的である。

参考編集