名誉修士(めいよしゅうし)とは、名誉学位のひとつ。名誉称号であり、関連する名誉学位に名誉博士及び名誉学士がある。

具体的な贈呈例としては、1985年にケント大学がロック歌手のボブ・ゲルドフに対し、飢餓救援活動への功績を讃えて名誉修士号を贈呈した例や[1]2008年10月1日に同年夏の北京オリンピックにおいて金メダルを獲得した吉田沙保里伊調千春伊調馨らが母校の中京女子大学(現・至学館大学)より名誉修士の称号を受けた例などがある[2]。さらに2013年6月19日には、イタリア人デザイナーのロベルト・カバリがデザインスクール「Domus Academy(ドムスアカデミー)」から、ファッションマネージメントにおける名誉修士号を贈呈されている[3]

脚注編集

  1. ^ 「ロック歌手ゲルドフに名誉修士号 英のケント大、飢餓救援活動を評価」『朝日新聞』1985年7月20日夕刊2社12頁参照。
  2. ^ 「北京五輪 女子レスリング3人娘にご褒美 中京大、名誉修士称号を授与/愛知」『毎日新聞』2008年10月2日地方版/愛知21頁、「五輪・女子レスリング 吉田選手らに名誉修士=中部」『読売新聞』2008年10月2日中部朝刊中2社32面、「(ハーフタイム)中京女大がレスリングの吉田、伊調姉妹に名誉修士号」『朝日新聞』2008年10月20日朝刊スポーツ5.20頁参照。
  3. ^ 『VOGUE』ウェブサイト http://www.vogue.co.jp/fashion/news/2013-06/21/roberto-cavalli

参照文献編集

関連項目編集