君だけを (西郷輝彦の曲)

君だけを」(きみだけを)は、西郷輝彦の歌手デビュー曲である。1964年にシングル発売された。

君だけを
西郷輝彦シングル
B面 ひとりぼっち
リリース
規格 45回転シングル盤レコード
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル クラウンレコード
作詞・作曲 水島哲(作詞)
北原じゅん(作曲)
西郷輝彦 シングル 年表
君だけを
(1964年)
チャペルに続く白い道
(1964年)
テンプレートを表示

解説編集

本曲は日本クラウンが1963年の会社創立後、初となる新人専属歌手となった西郷輝彦のデビュー曲として発表された[1]

作詞は平尾昌章の「星は何でも知っている」などを手がけ、またその当時現役の讀賣新聞文化部記者でもあった水島哲であり、作曲・編曲は実弟の菊地正夫(のちの城卓矢)が歌ってヒットした「スタコイ東京」を手がけた北原じゅんであった。本曲はシングル売上60万枚を記録し、これにより西郷はスター歌手の座を掴む[2]

また西郷は、本曲および「十七才のこの胸に」などのヒットが高く評価され、1964年度第6回日本レコード大賞新人賞を受賞した。

収録曲編集

共に作詞:水島哲、作曲・編曲:北原じゅん

  1. 君だけを(CW-35)
  2. ひとりぼっち

脚注編集

  1. ^ 西郷輝彦55周年記念ベストアルバム! 日本クラウン
  2. ^ 60年代懐かしの邦楽ポップスの名曲・ヒット曲 WEBマガジン『スタジオラグへおこしやす』