吸引性皮下出血(きゅういんせいひかしゅっけつ)とは、人体の(通常は)に強く接吻した際にできるである。日本ではキスマークの呼称で知られる。接吻の際に肌に噛みついたり吸い付いたりした結果、皮下の血管が破裂して内出血が起こり、痣となって変色する[1]

首にできた吸引性皮下出血
胸部にできた吸引性皮下出血

これを付けるには、口をあまり開けずに吸い続けることで、跡になると言われている。[2]

吸引性皮下出血は、4-7日間で治癒するのが通常である[3]

その他、吸引性皮下出血を早く消す方法がある。[4] キスマークという呼称は和製英語であり[5]、英語では "hickey" (ヒッキー)が正式名称である。

脚注編集

  1. ^ “3. 鈍器損傷”. 法病理学講義ノート. 2015年4月5日閲覧。
  2. ^ 初心者でもできるキスマークの付け方のコツって?
  3. ^  東京高等裁判所  第三刑事部判決 1971年2月2日 高裁判例集 第24巻1号75頁、昭和45(う)2639、『強姦致傷等被告事件』。
  4. ^ キスマークの消し方とコツ!
  5. ^ 小学館 『デジタル大辞泉』 “キスマーク”参照