吾妻能狂言(あづまのうきょうげん)は、明治時代初期に行われた芸能である。今様能とも呼ばれる。能楽長唄常磐津などを加えて演じた。参画者として日吉吉左衛門(能)、2世杵屋勝三郎(長唄三味線)、初代藤舎芦船(囃子方)、名女川庄三郎(鷺流狂言)などの名が伝わる。長唄「安達ヶ原」、「船弁慶」は2世杵屋勝三郎により吾妻能狂言の演目として作曲されたものである。長唄歌舞伎松羽目物に影響を与えたとみられている。

参考文献編集