呉氏長沙国(ごし-ちょうさこく)は、漢代に設置された藩国。後に劉発が長沙国王に封じられたことより「呉氏長沙国」と称し区別する。

前漢の成立後、建国に功績のあった8名を諸侯王に封じた際に、呉芮長沙王に封じられ長沙国が成立した。その後臧荼韓信英布を初めとする7名は粛清されたが、呉芮は漢朝への忠誠を貫き粛清を免れている。呉芮の女婿であった淮南王の英布が叛乱を起こした際も呉臣(呉芮の子)は反乱鎮圧に功績を上げている。前157年呉著が無子のまま薨去し廃されるまで、5代46年にわたって存在した。

呉氏長沙王
姓名 諡号 在位期間
初代 呉芮 長沙文王 前202年
第2代 呉臣 長沙成王 前201年 - 前193年
第3代 呉回 長沙哀王 前193年 - 前186年
第4代 呉右 長沙共王 前186年 - 前178年
第5代 呉著 長沙靖王 前178年 - 前157年