メインメニューを開く

呪禁師(じゅごんし)とは、律令制において典薬寮に属した官人呪禁のことを扱う。定員2名で正八位上相当。

呪禁師は道教の影響を受けて成立し、呪術によって病気の原因となる邪気を祓う治療などを行った。古くは仏教祈祷と混同されて用いられた例もある(『日本書紀敏達天皇6年条)が、本格的な導入の初出は『日本書紀』にある持統天皇5年(691年)条である。

律令制においては呪禁も病気治療や安産のために欠かせないものとされ、呪禁師の中で優秀なものは呪禁博士(定員1名)に任ぜられ、呪禁生(定員6名)の育成に努めた。だが、後に厭魅蠱毒事件の続発によって呪禁そのものが危険視されたこと、同様に道教の呪術を取り入れた陰陽道の台頭によって8世紀末頃には事実上廃止され、9世紀には呪禁師の制度自体が消滅した。

参考文献編集

  • 下山積與「呪禁師」(『国史大辞典 7』(吉川弘文館、1986年) ISBN 978-4-642-00507-4
  • 野村忠夫「呪禁師」(『日本史大事典 3』(平凡社、1993年) ISBN 978-4-582-13103-1
  • 加納重文「呪禁師」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7