唐本(とうほん)とは、中国で刊行され、日本に輸入された図書の総称である。

その多くは木版印刷本で、中華民国成立前に同地(現在の中国)で刊行された書籍を示す。それに対して、主として中華民国以後に出版された近代活版印刷本は、「中国書」と呼び、漢籍等において唐本と区別される。

訓点を施されていない漢文の図書のため、稀に漢籍と同義語として用いられる場合もある。

関連項目編集