メインメニューを開く

唾落とし(つばおとし)とは、主に小中学生男の子の定番の遊びである。

厳密に言えば、「唾落とし」と「唾飛ばし」に分かれる。最近の子どもはほとんどしなくなったようだが、1990年代前半までは盛んに行われており、かなりの競技性があった。力の誇示を意味することもあり、「は汚いもの」という考えに基づく嫌がらせのこともあった。

つば落とし編集

学校の窓や、マンションの屋上からつばやを落とすものである。標的は、通行人のである場合が多かった。命中したら、さっと姿を隠したが、逃げ遅れた者は、(特に相手が大人の場合)殴られる、学校に通報されて先生に怒られるなどの制裁を受けた。

つば飛ばし編集

天井からぶら下がった看板などを標的にするものである。唾落としよりも技能が必要だった。「つばフレーム」と称し、鬼ごっこ武器にすることもあった。「粘くて、臭い」つばが強力な武器とされた。ちなみに、長時間にわたって大量に口の中に溜められたつばは粘度や臭さが増すので大量のつばを溜めてから吐くこともよく行われた。