商業用マイナス記号

稀に別のマイナス記号として利用される記号
本来の表記は「」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

とは、商業マイナス記号であり、数学記号である。


使用例編集

  • 例:100€⁒20%=80€

100控除」20は80€に相当する。[1]

起源編集

すべての金額が入力された後、2回チェックされ、金額が正しければ、後ろに小さな横棒を置いてマークを付ける。バーは金額が正しいことを意味する。

通常のマイナス記号は混乱する可能性があり、金額がチェックされていないときにチェックされたと誰かに思わせるため、別のマイナス記号が使用された。[1]

Unicodeでは、Unicode 3.2で「Commercial Minus Sign」の名称で追加された。[2]

符号位置編集

記号 Unicode JIS X 0213 文字参照 名称
U+2052 ⁒
⁒
COMMERCIAL MINUS SIGN

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 商用マイナス記号(⁒)の起源は何ですか?”. qastack.jp. 2020年6月4日閲覧。
  2. ^ AG, Compart. “Find all Unicode Characters from Hieroglyphs to Dingbats – Unicode Compart” (英語). https://www.compart.com/en/unicode/U+2052. 2020年6月4日閲覧。