嘉州(かしゅう)は、中国にかつて存在した南北朝時代から南宋にかけて、現在の四川省楽山市一帯に設置された。

魏晋南北朝時代編集

562年保定2年)、北周により眉州が分割されて青州が設置された。579年大成元年)、青州は嘉州と改称された[1]

元和郡県志』では南朝梁により設置されたと記載されているが、『北周地理志』[要文献特定詳細情報]では北周により設置された青州を改めたものとし、また『輿地紀勝中国語版』でも別資料を引用して同様の記載があり[2]、両者は別の存在であることが考証されている。

隋代編集

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、嘉州の属郡の平羌郡は廃止された。605年大業元年)、嘉州は廃止され、属県の平羌県は眉州に移管された。

唐代編集

618年武徳元年)、により眉山郡は嘉州と改められた。742年天宝元年)、嘉州は犍為郡と改称された。758年乾元元年)、犍為郡は嘉州の称にもどされた。嘉州は剣南道に属し、竜游・平羌・峨眉夾江犍為玉津綏山羅目の8県を管轄した[3]

宋代編集

993年淳化4年)、北宋により眉州の洪雅県は嘉州に移管された。1196年慶元2年)、南宋により嘉州は嘉定府に昇格した。嘉定府は成都府路に属し、竜游・峨眉・洪雅・夾江・犍為の5県と豊遠監を管轄した[4]

脚注編集

  1. ^ 『北周地理志』:北周保定二年分眉州置、宣政二年始為嘉州[要文献特定詳細情報]
  2. ^ 『嘉定志』:後周曰青州、復以九州之名相乱、宣政二年改為嘉州[要文献特定詳細情報]
  3. ^ 旧唐書』地理志四
  4. ^ 宋史』地理志五