嘉州(かしゅう)は、中国にかつて存在した

562年保定2年)、北周により眉州より分割設置された。579年大成元年)に嘉州と改称された[1]

元和郡県志』では南朝梁により設置されたと記載されているが、『北周地理志』では北周により設置された青州であるとし、また『輿地紀勝』でも別資料を引用し同様の記載があり[2]、両者は別の存在であることが考証されている。

605年大業元年)、隋代により廃止され、その管轄区域は眉州に移管された。

下部行政区画編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 『北周地理志』:北周保定二年分眉州置、宣政二年始為嘉州
  2. ^ 『嘉定志』:後周曰青州、復以九州之名相乱、宣政二年改為嘉州