メインメニューを開く
琿春圏河図們江大橋

図們江大橋(ともんこうおおはし、中国語: 图们江大桥)は、中朝国境となっている図們江(豆満江)を跨いで中華人民共和国吉林省琿春市圏河朝鮮民主主義人民共和国咸鏡北道恩徳郡元汀を結ぶである。1938年建設され、全長が535.2メートル、幅は6.6メートル。 [1] 圏河が図們江へ合流する地点にあり、橋の入り口に圏河口岸(国境検問所)が設置されている。新図們江大橋(新豆満江大橋、中朝辺境圏河通商大橋)は2016年に完成した。

ギャラリー編集

参照項目編集

脚注編集