国会議事堂 (コロンビア)

国会議事堂(こっかいぎじどう、Capitolio Nacional de Colombia)はコロンビア共和国議会議事堂。首都ボゴタの旧市街に位置している。

コロンビア国会議事堂
Capitalio National de Colombia, Bogotá.jpg
概要
建築様式 新古典主義建築
自治体 ボゴタ
 コロンビア
着工 1848年
完成 1926年
所有者 コロンビア共和国議会
テンプレートを表示

歴史編集

議事堂の建設は1848年に始まったが政治的混乱の影響を受け工事は度々中断した。1874年に議場の使用を開始したが、細部の装飾の施工が完了したのは1926年である[1][2]

建築様式は新古典主義建築である。議事堂は上から見るとH形をしており、北側と南側に中庭がある。北側にはイオニア式の柱が並ぶポルチコがあり、ボリバル広場との境界を明確にしている。南側にはポルチコが無く、大統領官邸前広場との一体性を意図している。

コロンビア共和国議会二院制のため、議事堂内には大小2つの議場がある。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Ahora el Capitolio”. 2022年10月5日閲覧。
  2. ^ Historia extensa de la arquitectura en Colombia”. 2022年10月5日閲覧。

関連項目編集