国家中医薬研究所

国家中医薬研究所(通称、中医所)とは、中華民国台湾)国立の伝統中国医学の研究所。1963年に設立され、現在は衛生福利部配下にある。台湾最大の中医学の研究所である。

衛生福利部國家中醫藥研究所
各種表記
英文 National Research Institute of Chinese Medicine, MOHW
テンプレートを表示
国家中医薬研究所

歴史編集

  • 1956年3月、立法院第11次院会において中医薬育法案が通過し、中医学の教育機関及び研究所が設立される運びとなる。
  • 1963年10月22日,教育部国立中国医藥研究所」が創立。
  • 1995年,国立中国医薬研究所組織条例が公布される。
  • 2013年6月19日,衛生福利部国家中医薬研究所組織法の成立により、7月23日に衛生福利部国家中医薬研究所に改組される。

歴代の所長編集

国立中国医薬研究所
  1. 李煥燊 (1963年10月22日 - 1979年4月)
  2. 劉國柱 (1979年4月 - 1988年4月)
  3. 陳介甫 (1988年4月 - 2004年1月17日)
    1. 吳聰能 (2004年2月 - 2004年8月(教育部主任秘書兼代理所長))
  4. 吳天賞 (2004年8月 - 2007年8月)
  5. 李德章 (2007年8月 - 2009年10月)
  6. 黃怡超 (2009年10月 - 2013年7月23日)
国家中医薬研究所
  1. 黃怡超 (2013年7月23日 - 現任)

関連項目編集

外部リンク編集