国鉄7400形蒸気機関車

7400形は、かつて日本国有鉄道の前身である鉄道院、鉄道省に在籍したテンダ式蒸気機関車である。

北海道官設鉄道1(後の鉄道院7400)

概要編集

元は、北海道官設鉄道アメリカボールドウィン・ロコモティブ・ワークスから1896年(明治29年)に3両(製造番号15028 - 15030)を輸入した車軸配置2-6-0(1C)単式2気筒の飽和式機関車で、1905年(明治38年)の北海道官設鉄道の国有鉄道への編入にともなって、国有鉄道籍を得たものである。メーカーでの種別呼称は8-26D。北海道官設鉄道時代はB1形1 - 3)と称したが、官設鉄道(鉄道作業局)編入後はEa形と称した。1909年(明治42年)の鉄道院の車両形式称号規程制定にともなって、7400形7400 - 7402)と改番された。

北海道官設鉄道の最初の形式であるにもかかわらず、"B1"形とは不可解なものがあるが、建設用に官設鉄道から後の110形を借り入れていたことから、動軸2軸の機関車を"A"とする意向があったためと推定される。また、番号は漢数字で「一」「二」「三」と標記されており、これは9号機関車まで続き、10号以降はアラビア数字による標記となった。

形態としては典型的なアメリカ古典機スタイルで、ボイラーはストレートトップ型、第1缶胴上に蒸気ドーム、第2缶胴上に砂箱を設置している。炭水車は片ボギー式の3軸タイプである。

3両ともが同じ形態ではなく、1は前後にジャニィ式自動連結器を備え、ブレーキ装置は蒸気制動式、大形の前照灯を装備していたが、2,3はバッファ付きで連環式連結器を備え、ブレーキ方式は真空制動式、前照灯は小型であった。

統合後も一貫して北海道で使用され、7400, 7401は旭川から倶知安、野付牛へ、7402は旭川から野付牛、中湧別に移り1925年(大正14年)5月に廃車となった。民間に払い下げられたもの、保存されたものはない。

主要諸元編集

  • 全長 : 14,186mm
  • 全高 : 3,505mm
  • 最大幅 : 2,413mm
  • 軌間 : 1,067mm
  • 車軸配置 : 2-6-0(1C)
  • 動輪直径 : 1,067mm
  • 弁装置 : スチーブンソン式アメリカ形
  • シリンダー(直径×行程) : 406mm×457mm
  • ボイラー圧力 : 11.3kg/cm2
  • 火格子面積 : 1.49m2
  • 全伝熱面積 : 89.8m2
    • 煙管蒸発伝熱面積 : 80.9m2
    • 火室蒸発伝熱面積 : 8.9m2
  • ボイラー水容量 : 3.4m3
  • 小煙管(直径×長サ×数) : 45mm×3200mm×181本
  • 機関車運転整備重量 : 33.36t
  • 機関車空車重量 : 29.03t
  • 機関車動輪上重量(運転整備時) : 28.73t
  • 機関車動輪軸重(第3動輪上) : 9.66t
  • 炭水車運転整備重量 : 17.35t
  • 炭水車空車重量 : 8.73t
  • 水タンク容量 : 3.4m3
  • 燃料積載量 : 5.3t
  • 機関車性能
    • シリンダ引張力(0.85P): 6,720kg
  • ブレーキ装置 : 手ブレーキ空気ブレーキ(1)、真空ブレーキ(2, 3)

参考文献編集

  • 臼井茂信「日本蒸気機関車形式図集成」1969年、誠文堂新光社
  • 臼井茂信「機関車の系譜図 1」1972年、交友社
  • 金田茂裕「形式別 国鉄の蒸気機関車 III」1985年、機関車史研究会刊