国際紛争平和的処理条約

国際紛争平和的処理条約(英: Convention for the Pacific Settlement of International Disputes、仏: Convention pour le règlement pacifique des conflits internationaux)は、国際紛争の平和的解決を包括的に規定した条約である[1]

国際紛争平和処理条約
署名 原条約: 1899年7月29日(ヘーグ
改正条約: 1907年10月18日(ヘーグ)
発効 原条約: 1900年9月4日
改正条約: 1910年1月26日
主な内容 国際紛争の平和的処理のための手続・制度
関連条約 国際紛争平和的処理に関する一般議定書国際司法裁判所規程
条文リンク 改正条約: 和文条文(Wikisource) 仏文条文(スイス政府サイト)
テンプレートを表示

概要編集

1899年・1907年の二度にわたって開かれたハーグ平和会議は、ハーグ陸戦条約などの採択により戦時国際法の成文化を実現した一方で、紛争の平和的解決の分野では本条約をもたらした。

本条約は、それ以前から国際紛争解決のため行われていた周旋・居中調停(仲介)・仲裁裁判の手続を整備するとともに、事実問題の調査を行う国際審査の制度を定めた。また、仲裁裁判の利用を容易にするため本条約によりハーグに常設仲裁裁判所が創設された。

その後、一般的な司法裁判所として1921年に国際連盟により常設国際司法裁判所が設置され、次いで第二次世界大戦後、国際連合の一機関として国際司法裁判所が発足したことにより、今日では常設仲裁裁判所が利用されることはほとんどなくなっている[2]

構成編集

  • 第1章 一般平和ノ維持
  • 第2章 周旋及居中調停
  • 第3章 国際審査委員会
  • 第4章 国際仲裁裁判
  • 第5章 附則

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「国際紛争平和的処理条約」『国際法辞典』、119頁。
  2. ^ なお、国際司法裁判所の裁判官名簿は、常設仲裁裁判所の国別裁判官団が指名する。

参考文献編集

  • 筒井若水 『国際法辞典』有斐閣、2002年。ISBN 4-641-00012-3