土屋 政成(つちや まさなり)は、安土桃山時代から江戸時代武士。土屋家の第2代当主。

 
土屋政成
時代 安土桃山時代-江戸時代初期
生誕 永禄5年(1562年
死没 寛永12年6月23日1635年8月5日
別名 右衛門
主君 武田勝頼
氏族 土屋氏
父母 父:土屋定政、母:不明
天野の局養女
土屋政重、土屋政久
テンプレートを表示

生涯編集

永禄5年(1562年)に土屋定政の長男として誕生した。幼少より武田勝頼に仕える。武田家滅亡後、天正20年(1592年)武蔵国八王子に閑居する。その後に病により歩行不自由となる。

寛永12年(1635年)6月23日、74歳にて没する。

参考文献編集

先代:
土屋定政
土屋家第2代当主
土屋政成
次代:
土屋政重