土方 雄端(ひじかた かつまさ)は、伊勢菰野藩の第6代藩主。

 
土方 雄端
時代 江戸時代中期
生誕 享保元年7月7日1716年8月23日
死没 宝暦8年9月17日1758年10月18日
改名 婿之進(幼名)、雄端
戒名 永源院殿仁英紹劫大居士
墓所 東京都文京区湯島の麟祥院
官位 従五位下、備中
幕府 江戸幕府
伊勢国菰野藩
氏族 土方氏
父母 父:土方豊義、母:魏光院
養父:土方雄房
兄弟 雄房雄端
正室:木下利潔の娘・美代姫
雄年義法(次男)、木下俊直(三男)、
中山信勝(四男)、娘(内藤貞幹正室)、
娘(京極高備正室)、政子姫(土方雄貞正室)
テンプレートを表示

享保元年(1716年)7月7日、第4代藩主・土方豊義の次男として菰野で生まれる。寛延3年(1750年)1月25日、兄で第5代藩主の雄房隠居し、その養子となって跡を継いだ。藩政においては宝暦2年(1752年)に新家中諸法度を制定し、兄同様に学問を奨励した。宝暦8年(1758年)9月17日、兄に先立って江戸で死去した。享年43。

跡を長男の雄年が継いだ。