メインメニューを開く
土谷全次

土谷 全次(つちや ぜんじ、安政2年5月10日[1]1855年6月23日) - 昭和10年(1935年4月6日[2])は、日本の衆議院議員立憲政友会)。高崎市長医師

経歴編集

出羽国平鹿郡睦合村(現在の秋田県横手市)出身。秋田医学校を卒業した。高崎市に医院を開業し、高崎市医会会長を務めた。高崎市会議員、同参事会員、群馬郡会議員、同参事会員、県会議員に選出された。

1917年大正6年)、第13回衆議院議員総選挙に出馬し、当選を果たした。

その後、1921年(大正10年)から高崎市長を務めた。

出典編集

  1. ^ 『人事興信録』
  2. ^ 『衆議院議員略歴』

参考文献編集

  • 『第一回乃至第二十回総選挙 衆議院議員略歴』衆議院事務局、1940年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第5版』人事興信所、1918年。