坂口 智康(さかぐち ともやす、1981年2月6日 - )は、日本中央競馬会(JRA)・栗東トレーニングセンターに所属する調教師滋賀県出身[1]。元JRA調教師坂口正則の長男である[2]

坂口智康
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 滋賀県
生年月日 (1981-02-06) 1981年2月6日(38歳)
所属団体 JRA
初免許年 2018年
経歴
所属 栗東T.C.
テンプレートを表示

来歴編集

2007年1月にJRA競馬学校に入学。2008年1月に父である坂口正則調教師の下で厩務員となり、同年4月からは調教助手となる[1]。父親の影響で、自身も調教師を目指していた[3]

2017年に調教師試験に合格。合格の報を受けてのコメントの中で、目標とする調教師として父の名を挙げており、「トレセンで働くようになり、間近で仕事をする姿を見て、真面目でいつも一生懸命仕事をしている姿に感銘を受けました」と述べている。また、勝ちたいレースとしては「国内・海外を問わず、G1レースを勝ちたいと思っています」と答えている。さらに、「競馬においてその馬の全能力を発揮できるような競走馬が理想なので、そこを目指した馬づくりをしたいと思っています」と抱負を語った[3]

2019年3月1日、前月限りで定年のため勇退した父の厩舎を引き継ぐ形で、自身の厩舎を開業した。同月17日に阪神7レース(4歳上500万下)をエイシンクリックで制し、初出走から通算11戦目でJRA初勝利を挙げた[4]。同年5月1日には令和初のダートグレード競走となるかきつばた記念を父の厩舎から引き継いだゴールドクイーンで制し、中央・地方を通じて初の重賞制覇を果たしている[5]

調教師成績編集

概要編集

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 2019年3月2日 1回小倉7日11R 早鞆特別 ゼンノワスレガタミ 16頭 9 4着
初勝利 2019年3月17日 1回阪神8日7R 4歳上500万下 エイシンクリック 13頭 2 1着
重賞初出走 2019年4月13日 3回中山7日11R 中山グランドジャンプ マイネルプロンプト 11頭 4 3着
GI初出走 2019年4月13日 3回中山7日11R 中山グランドジャンプ マイネルプロンプト 11頭 4 3着

主な管理馬編集

※括弧内は当該馬の優勝重賞競走

年度別成績編集

坂口智康の年度別成績(netkeiba.com)を参照

脚注編集

  1. ^ a b JRAホームページ「調教師名鑑」(2018年7月28日閲覧)
  2. ^ 【さらばホースマン(2)】坂口正則師、数多くの個性派育てた名伯楽”. サンケイスポーツ (2019年2月20日). 2019年9月21日閲覧。
  3. ^ a b 2018年度 新規調教師免許試験の合格者は上村洋行元騎手ら5名!”. 競馬ラボ (2017年12月7日). 2019年9月21日閲覧。
  4. ^ 3月開業の坂口智康調教師が日曜阪神でJRA初勝利”. サンケイスポーツ (2019年3月17日). 2019年9月21日閲覧。
  5. ^ web Furlong 2019【レースハイライト】第21回 かきつばた記念 JpnⅢ”. ウェブハロン. 2019年5月1日閲覧。

関連項目編集