メインメニューを開く

坂本勝 (文学者)

坂本 勝(さかもと まさる、1954年-)は日本の文学研究者。法政大学文学部教授。専門は上代文学

目次

略歴編集

1954年に神奈川県鎌倉市に生まれる。1978年に法政大学文学部日本文学科を卒業し、専修大学大学院文学研究科博士課程を満期退学する。1994年に法政大学専任講師1995年に同大学助教授2001年に同大学教授に就任する。2012年に『はじめての日本神話『古事記』を読みとく』でしまね古代出雲賞(古事記出版大賞)を受賞する[1]

著書編集

  • 『柿本人麻呂《全》』共著 橋本達雄編(笠間書院、2000)
  • 『セミナー万葉の歌人と作品』第6巻 共著(和泉書院、2000)
  • 『古事記の読み方-八百万の神の物語』(岩波書店、2003)
  • 『はじめての日本神話 『古事記』を読みとく』(筑摩書房、2012)

監修編集

  • 『図説 地図とあらすじで読む古事記と日本書紀』(青春出版社、2005)
  • 『図説 地図とあらすじで読む万葉集』(青春出版社、2006)
  • 『図説 日本人の源流を探る 風土記』(青春出版社、2008)
  • 『図説 地図とあらすじでわかる!古事記と日本書紀』(青春出版社、2009)
  • 『図説 地図とあらすじでわかる!万葉集』(青春出版社、2009)
  • 『図説 地図とあらすじでわかる!風土記』(青春出版社、2011)
  • 『まんがとあらすじでわかる 古事記と日本書紀』(宝島社、2013)

参考編集

脚注編集